1960年、緑豊かなピチェーノの地に誕生

ポデーリ・デイ・コッリ農場の歴史は、美しい彩りに囲まれ、豊かな味わいと香りに恵まれたピチェーナの大地に深く根付いています。マンノッキ家によって農場が創業された1960年以来、同社はアスコリ・ピチェーノ県の緑地帯中心部とも言えるモンタルト・デッレ・マルケで発展し続けてきました。

太陽の恵みと風からの贈りもの

私たちのブドウは、マルケ地方の丘陵一帯で、暖かな太陽の日差しと涼しいそよ風の恩恵をたっぷりと受けて育ちます。50ヘクタールほどの農地は、そのほぼ全土がブドウの栽培に当てられており、小高い丘が持つ特有の局所気候 (マイクロクライメイト) に包まれています。昼夜における激しい寒暖差、低い湿度、風通しのよい涼しい気候、海と山岳地帯に近接するこの土地は、ブドウの木の成長を促し、香り高い最高品質のブドウを育て、ブーケのアロマを持つフルーティーでビロードのように滑らかなワインを産出します。ピチェーノ地方はブドウの成長に最適な気候を持つだけでなく、一面に広がるオリーブ、ブドウ、果物畑、緑豊かな森林といった非常に美しい田園風景にも恵まれており、訪れる人々を虜にします。

ピチェーノ、その大地と光

栽培に適した粘土質の土壌という自然の恵みに、人間の持つ技術を加えることで、私たちは最高品質のブドウを手にすることができます。ピチェーノの大地を照らす光、降り注ぐ太陽、心地よい風。私たちはこの土地のおかげで、物理的に、生物的に、そして人としても、最高の環境にあると言えるでしょう。私たちの情熱が偉大な力となり、有機栽培へのこだわりや、積極的な土着品種ブドウへの回帰そして栽培へと繋がり、マルケ州の大きな財産となって現れていると自負しています。偉大なる自然、培われた経験、芸術、環境へのリスペクト、それら全ての要素が一体となって、クオリティーの高い最高級のワインがこの地に誕生するのです。

ブドウ品種

ポデーリ・デイ・コッリの力の源は、この地に対する私たちの熱い思いです。それは、私たちの有機栽培へのこだわりや、積極的な土着品種ブドウへの回帰そして栽培へと繋がり、マルケ州の大きな財産という形となって現れていると自負しています。

素朴で力強く、順応性のあるパッセリーナは、古代からこの地域の品種として知られ、農民たちの古くからの習慣でもあるヴィーノコットづくりとも深く関わっています。今日、高い評価を受けているパッセリーナ。特に単一ワインは高く評価されています。

ペコリーノも大きく見直された品種のひとつです。この地の農民や牧畜民と深い関わりを持ち、この地域に根源を持つ、まさに正真正銘の純正品種と言えるでしょう。長い間、シッビリーニ山地周辺の高丘地帯という限られたエリアのみで見られる品種でしたが、近年、独特な酸味を持つ単一ワインが愛好家や専門家たちの間で注目を集めています。

白ブドウのバリエーションとして、私たちの思い入れが強いパッセリーナ、ペコリーノに加えて、時代を超え定評のあるトレッビアーノとヴェルディッキオを取り入れています。

黒ブドウでは、フルーティーで豊かな味わい、ビロードの滑らかを持ち、深みのある優れた赤ワインを多く産出しているモンテプルチアーノに、バランスのとれた重厚さとアロマな香りを持つ骨格のしっかりとしたサンジョヴェーゼの特徴を生かしています。

さらに国際品種のメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンが加わります。ブドウが本来の持つアロマのトーンを損なわなず、そのブドウからつくられるワインの味わい、香り、フルーティー感を最大に引き出すために最適とされているグイヨ仕立てと呼ばれる栽培方式を採用しています。

ワインづくり

ポデーリ・デイ・コッリでは、ブドウの収穫年やブドウの果皮の厚さによって、三通りの酒造方法を採用しています。

まず一つ目は、ブドウの果皮が標準程度の厚みを持つ場合に適応されます(赤ワインに関してのみ)。非常にデリケートな方法で、モストを下方から取り出し、上部の果帽は常に湿った状態を保っておきます。

二つ目は、ソフト・システムと呼ばれる醸造法です。侵襲性が高く、果皮が厚めのブドウに適しています。この酒造方法では強い色合いを引き出することが可能となります。

三つ目のガニメデ方法は、上面の果帽を適切に管理し、タンク内の温度を一定に保つことで、発酵の速度を促す酒造方法です。機械は使わず、発酵時に発生するガスを利用してワインの液体を循環させます。一定の圧力に達するとバルブが開かれ、溜まった二酸化炭素が排出されます。同プロセスは、主に果皮の薄いブドウを醸造する際や、白ワインおよびロザワイン、あるいは雨量の多い年に収穫されたブドウを醸造する際など、クリオマセラシオンを実施したい場合によく使われる方法です。

 

Location

ポデーリ・デイ・コッリとパームフィールド・ディフュージョン有限会社グループのコラボレーション

2021年、ポデーリ・デイ・コッリは米国、カナダ、中国、ブラジル、日本、韓国、台湾、およびアジア諸国(シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、カンボジア、ブルネイ、ミャンマー、ラオス)における急成長するワイン市場のためにパームフィールド・ディフュージョン有限会社グループと共同事業を発足しました。
ームフィールド・ディフュージョン・グループは1998年に創設されたカナダに本拠を置く企業です。
過去20年間、パームフィールド・ディフュージョン・グループは、世界中の政府機関、そしてハイレベルな資源、テクノロジー、およびビジネスプロジェクトの業界リーダーと意欲的で信頼性が高く、将来性のある長期的関係を築いてきました。
ほとんどのプロジェクトは、建設、コンサルティング、ジョイントベンチャー、下請け、プランニング、調達プロジェクト、マネージメントプロジェクト、プロジェクト統合/プログラム、開発、投資、生産、様々な分野とプロジェクトにおける購入など、グループのメンバーや顧客と連携して取り組まれます。

2021

Location

ポデーリ・デイ・コッリとパームフィールド・ディフュージョン有限会社グループのコラボレーション

2021年、ポデーリ・デイ・コッリは米国、カナダ、中国、ブラジル、日本、韓国、台湾、およびアジア諸国(シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、カンボジア、ブルネイ、ミャンマー、ラオス)における急成長するワイン市場のためにパームフィールド・ディフュージョン有限会社グループと共同事業を発足しました。
ームフィールド・ディフュージョン・グループは1998年に創設されたカナダに本拠を置く企業です。
過去20年間、パームフィールド・ディフュージョン・グループは、世界中の政府機関、そしてハイレベルな資源、テクノロジー、およびビジネスプロジェクトの業界リーダーと意欲的で信頼性が高く、将来性のある長期的関係を築いてきました。
ほとんどのプロジェクトは、建設、コンサルティング、ジョイントベンチャー、下請け、プランニング、調達プロジェクト、マネージメントプロジェクト、プロジェクト統合/プログラム、開発、投資、生産、様々な分野とプロジェクトにおける購入など、グループのメンバーや顧客と連携して取り組まれます。

2021