オッフィーダ・パッセリーナ DOCG

素朴で芳醇 驚異的なブーケのエレガンス。

トッレビアーノ種の派生品種で、イタリア中東部の土着品種となっているパッセリーナは、古代ローマ時代から知られるこのピチェーノ地方に受け継がれてきた長い歴史を誇ります。1960年代には一時的にその栽培が放棄されてしまったパッセリーナですが、現在は、地元の生産者や企業家たちの関心を集め、注目されている品種です。

素朴でしっかりとした骨格に、ブーケのアロマを持ち合わせるという驚くべき上品さを兼ねそろえています。パッセリーナはマルケ州およびピチェーノ地方の土着品種の中で代表格のひとつとされています。

輝きのある黄色。繊細な花の香りに伴うグレープフルーツ、レモン、洋ナシの香り。爽やかでスッキリとした酸味。

フレッシュで風味豊かな、口当たりの良い、魅力的な味わいが口蓋を満たします。

料理とのマリアージュ:アペリティフ、前菜全般、甲殻類、シーフードサラダ、豆類・穀物のミネストローネ

白ワイン

オッフィーダ・パッセリーナ DOCG

  • パッセリーナ100%
産地 モンタルト・デッレ・マルケ
標高 海抜349 m
土壌の種類: 粘土質
栽培方式 グイヨ仕立て
栽植密度: 3,500/1ヘクタール
収穫: 10月上旬 手摘み ドライアイス使用
醸造方法: ソフトプレス、発酵前のオリの除去、土着品種の酵母使用
熟成: 固形物を含むステンレスタンク内でバトナージュをしながら3ケ月の熟成、その後、最低3ケ月瓶内熟成
アルコール度数: 12.5%
飲用温度: 810