ジュゼッペ・マンノッキ

人生に歓びを与えるワイン

美しい彩りに囲まれ、豊かな香りと味わいに恵まれたアスコリ・ピチェーノ県。ポデーリ・デイ・コッリ農場の歴史はこの緑溢れる大地に深く根付いています。昼夜における激しい寒暖差、低い湿度と風通しのよい涼しい気候、海と山岳地帯に近接するこの土地は、ブドウの木の成長を促し、香り高い最高品質のブドウを育て、ブーケのアロマを持つフルーティーでビロードのように滑らかなワインを産出します。

偉大なる自然、培われた経験、芸術、環境へのリスペクト、それら全ての要素が一体となって、クオリティーの高い最高級のワインがこの地に誕生するのです。

ポデーリ・デイ・コッリ農

ワインセクション

1960年、緑豊かなピチェーノの地に誕生

ポデーリ・デイ・コッリ農場が選択した有機栽培へのこだわりが、
今、様々な恩恵をもたらしています。

ド7世」

「ワインは単に飲むだけのものではない、香りを楽しみ、じっくり観察し、ゆっくり口に含み、味わいを堪能し、そしてそれについて語るものなのだ…エドワ

美しい彩りに囲まれ、豊かな香りと味わいに恵まれたアスコリ・ピチェーノ県。ポデーリ・デイ・コッリ農場の歴史はこの緑溢れる大地に深く根付いています。私たちのブドウは、マルケ地方の丘陵一帯で、暖かい太陽の日差しと涼しいそよ風の恩恵をたっぷりと受けて育ちます。

ブドウ品種

ポデーリ・デイ・コッリの力の源は、この地に対する私たちの熱い思いです。それは、私たちの有機栽培へのこだわりや、積極的な土着品種ブドウへの回帰そして栽培へと繋がり、マルケ州の大きな財産という形となって現れていると自負しています。

ポデーリ・デイ・コッリとパームフィールド・ディフュージョン有限会社グループのコラボレーション

2021年、ポデーリ・デイ・コッリは米国、カナダ、中国、ブラジル、日本、韓国、台湾、およびアジア諸国(シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、カンボジア、ブルネイ、ミャンマー、ラオス)における急成長するワイン市場のためにパームフィールド・ディフュージョン有限会社グループと共同事業を発足しました。

IGT (地理的生産地表示ワイン)


IGT のカテゴリーに分類されるのは、その地域性を反映し、認可を受けたブドウでつくられるワイ ンです。ほぼ州全体の広範囲に渡って栽培されているブドウを使用することができ、選べる品種も 豊富なため、細かい規制に縛られることなく、つくり手が自由にワインを生産できるのが特徴です。 法的な観点で言えば、最も低いカテゴリーとされていますが、実は非常にクオリティーが高く、驚 くほど優秀なワインが、このクラスに分類されていることもあります。特に近年は、クオリティー の高いワインを生み出すつくり手たちが、あえてこのクラスに分類されるワインを生産しているこ とから、消費者が注目すべきカテゴリーとも言えます。なお、欧州連合法 (EU 法) の新規定により 制定された名称 IGP (保護地理表示ワイン) は、IGT に値するものです。

DOC (原産地統制名称ワイン)


DOC のカテゴリーは、IGT に比べ、ブドウが栽培される耕地の地域が半分程度の範囲に限定され、 使用できるブドウの分量も制限されます。各州が認定し推奨するブドウ品種を使用するのはもちろ んのこと、ブドウの木の株数や収穫量、最小糖度も、規制によって細かく定められており、生産さ れたワインは、化学的、物理的、味・色・香りの面において規定内であることが義務付けられます。 また、「クラシコ」「リゼルヴァ」「スペリオーレ」のさらなる表示を記載する場合は、規制に従 って許可を得る必要があります。認証からボトリングまでの期間は 2 年以内とされています。な お、欧州連合法 (EU 法) の新規定により制定された名称 DOP (保護原産地保証ワイン) は、DOC に 値するものです。

IGT (地理的生産地表示ワイン)


IGT のカテゴリーに分類されるのは、その地域性を反映し、認可を受けたブドウでつくられるワイ ンです。ほぼ州全体の広範囲に渡って栽培されているブドウを使用することができ、選べる品種も 豊富なため、細かい規制に縛られることなく、つくり手が自由にワインを生産できるのが特徴です。 法的な観点で言えば、最も低いカテゴリーとされていますが、実は非常にクオリティーが高く、驚 くほど優秀なワインが、このクラスに分類されていることもあります。特に近年は、クオリティー の高いワインを生み出すつくり手たちが、あえてこのクラスに分類されるワインを生産しているこ とから、消費者が注目すべきカテゴリーとも言えます。なお、欧州連合法 (EU の新規定により 制定された名称 IGP (保護地理表示ワインは、IGT に値するものです。 

DOC (原産地統制名称ワイン)


DOC のカテゴリーは、IGT に比べ、ブドウが栽培される耕地の地域が半分程度の範囲に限定され、 使用できるブドウの分量も制限されます。各州が認定し推奨するブドウ品種を使用するのはもちろ んのこと、ブドウの木の株数や収穫量、最小糖度も、規制によって細かく定められており、生産さ れたワインは、化学的、物理的、味・色・香りの面において規定内であることが義務付けられます。 また、「クラシコ」「リゼルヴァ」「スペリオーレ」のさらなる表示を記載する場合は、規制に従 って許可を得る必要があります。認証からボトリングまでの期間は 2 年以内とされています。な お、欧州連合法 (EU 法) の新規定により制定された名称 DOP (保護原産地保証ワイン) は、DOC に 値するものです。

DOCG (保証付原産地統制名称ワイン)


最高峰のカテゴリーとされる DOCG は、ブドウが栽培される耕地の範囲、生産量、評価に対する 規制が他のカテゴリーに比べて非常に厳しく定められています。DOCG ワインのボトルには、そ の品質を保証し、また、偽􏰀を避ける目的から、ナンバーリングされたイタリア政府認可の DOCG ラベルが貼られます (名称も表示されている)。ワインのボトリングは生産された地域でなされな ければなりません。ブドウの収穫量やアルコール度数は処罰の対象となります。さらに、タンクま たはボトルでの最低熟成期間が設けられています。認証からボトリングまでの期間は 6 ケ月以内 とされています。

その他のカテゴリー


さらにワインの特色を示すラベル表示として規定に従った以下のものがあります。

• クラシコ
その地域で古くから伝統的につくられている長い歴史をもつワインを示します。

• スーペリオーレ 定められている最低アルコール度数よりも高い度数のワインを示します。例としてピチェーノ・ス ーペリオーレが挙げられます。

• リゼルヴァ
定められている熟成期間よりもさらに長く熟成されたワインを示します。

DOCG (保証付原産地統制名称ワイン)


最高峰のカテゴリーとされる DOCG は、ブドウが栽培される耕地の範囲、生産量、評価に対する 規制が他のカテゴリーに比べて非常に厳しく定められています。DOCG ワインのボトルには、そ の品質を保証し、また、偽􏰀を避ける目的から、ナンバーリングされたイタリア政府認可の DOCG ラベルが貼られます (名称も表示されている)。ワインのボトリングは生産された地域でなされな ければなりません。ブドウの収穫量やアルコール度数は処罰の対象となります。さらに、タンクま たはボトルでの最低熟成期間が設けられています。認証からボトリングまでの期間は ケ月以内 とされています。 

その他のカテゴリー


さらにワインの特色を示すラベル表示として規定に従った以下のものがあります。 

• クラシコ
その地域で古くから伝統的につくられている長い歴史をもつワインを示します。

• スーペリオーレ 定められている最低アルコール度数よりも高い度数のワインを示します。例としてピチェーノ・ス ーペリオーレが挙げられます。 

• リゼルヴァ
定められている熟成期間よりもさらに長く熟成されたワインを示します。 

最新に保つ

ニュースレターを購読する